研修詳細

日税ビジネスサービスでは、国際税務、金融、事業承継、M&Aなど多岐にわたるテーマを選び、著名な講師を招いてセミナーを開催しています。

個別受講 オンデマンド(インターネット)研修会

テーマ
【B31】税理士先生・中堅職員様向け スキルUP研修 初歩から学ぶ「連結納税」の基礎知識(2018/1/24~)

講師 板垣貴之 氏

学習期間 2018年1月24日(水) ~ 2018年2月6日(火)
受講料
  • お一人様 会員 7,000円(税込)/一般 10,000円(税込)
返金規定
  • 受講料は事前振込みとさせていただきます。
  • キャンセルは視聴開始日の3営業日前までにご連絡いただければ、振込手数料差し引きの上ご返金いたします。
  • それ以降のご返金はできませんので、予めご了承ください。なお、お客様のPC・インターネット回線の状況により、映像が途切れる、又は停止するなど正常に視聴できなかった場合も同様です。
有料会員について

いずれかにご入会中の方とします。

※有料会員・非有料会員の確認はセミナーお申込時点で行いますので、予めご了承下さい。

主催 株式会社 日税ビジネスサービス

講師

板垣貴之 氏

講師略歴

アクタス税理士法人 マネジャー

一般事業会社の税務会計コンサルティング業務、REIT・私募ファンド等の不動産証券化業務に従事。近年は、グループ企業に対 する連結納税の導入支援や組織再編スキームの提案、実行支援に注力している。

主な内容

  1. 連結納税制度の概要
  2. 連結納税開始・加入に伴う取扱い
  3. 連結納税離脱に伴う取扱い
  4. 連結法人税の計算の仕組み
  5. 連結納税特有の事項
  6. 地方税の取扱い

講師より

連結納税はやはり言葉を聞いただけで敬遠してしまうことが多いかもしれません。
しかし基本的な仕組みを知っておくことは、今後の業務のステップ・アップには欠かせないといえます。本講座では基礎を中心にご説明
しますので、考え方をしっかり学んでもらいたいと思います。

ねらい

皆さんは、連結納税と聞いてどのような想像をするでしょう?「 難しい・・・」「 自分にはまだまだ関係ない 」このようなところ
でしょうか。
しかし、実際にはお客様を担当していると会社の再編(M&A)の話は多く出てきます。ここで、M&Aとは、複数の事業や会社をくっつけたり、分離させたりすることを総称していい、自社の体制を見直したり、強化したりする場合に非常に役立つ手法と捉えてください。
お客様の事業が発展していく過程では、いくつかのターニングポイントが必ずでてきます。新規事業をたちあげる、競争力のない事業か
ら撤退する、同業他社と提携をして相乗効果を狙う、複数の事業から取捨選択をしてグループ経営を構築する、後継者に事業を託す・・
・。このような場面では会社を合併することや分割すること、株式を交換するといったM&Aの手法が有効である場合が多く、多くの会社
が積極的に活用しています。
この講座では、連結納税について基礎の基礎を解説します。

収録日

平成28年9月27日 収録時間 146分

FP単位

インターネット受講 1.5単位(タックス)
※レポートの提出が必須となります

注意事項

セミナー収録時点での情報となります。

受講について

インターネット受講(オンデマンド配信)となります。

受講期間中は、24時間いつでもご受講頂けます。

インターネット受講 全般に関する注意事項

※お申込・お振込の前に必ず視聴確認を行ってください

視聴確認について → https://www.nbs-fr-ks.com/crn/contents/video/nichizei_ondemand/check_page/

※レジュメの発送はございません。各自でダウンロードしてご利用いただく形式となります。

※1名様のお申込で、複数名が視聴することはご遠慮ください。複数名の視聴が発覚した場合、人数分のご受講料をお支払いただきます。

※PC・インターネットサポート等は致しかねますので予めご了承下さい。

連絡先・お問い合わせ

何かご質問等ございましたら下記までご連絡ください。

日税研修サイト『日税フォーラム』運営事務局(㈱日税ビジネスサービス)

TEL:03-3340-4488 / FAX:03-3340-2514

Email:boatta@nichizei.com

お申し込み

登録済みの方

パスワードを忘れた場合

はじめての方

ログインするには、まず、「新規登録する」ボタンをクリックして、登録をお願いいたします。

パスワード未設定の方へ

会員様や、事務局でユーザー登録した方は、ご自身で、パスワードを設定していただきます。

同じアカウントでログインしている人が存在します。

既にログインしている利用者をログアウトさせ、ログインを実行しますか?