研修詳細

日税ビジネスサービスでは、国際税務、金融、事業承継、M&Aなど多岐にわたるテーマを選び、著名な講師を招いてセミナーを開催しています。

個別受講 オンデマンド(インターネット)研修会

テーマ
【C12】医療法人の事業承継対策について ~近年の対策動向を踏まえて~(2019/5/29~)

講師 小林良治 氏

学習期間 2019年5月29日(水) ~ 2019年6月11日(火)
受講料
  • お一人様 会員 10,000円(税込)/一般 15,000円(税込)
返金規定
  • 受講料は事前支払いとさせて頂きます。
  • キャンセルされる場合は、研修日(収録日)の3営業日前までにご連絡いただければ、ご返金いたします。
    ※受講料を振込みでお支払いいただいた方は振込手数料差引いたうえでのご返金になります。
  • それ以降のご返金はできませんので、予めご了承ください。なお、お客様のPC・インターネット回線の状況により、映像が途切れる、又は停止するなど正常に視聴できなかった場合も同様です。
有料会員について

いずれかにご入会中の方とします。

※有料会員・非有料会員の確認はセミナーお申込時点で行いますので、予めご了承下さい。

主催 株式会社 日税ビジネスサービス
ご連絡 【ご注意】
本オンデマンド配信研修会は、収録日の法律に基づいて行われており、
ご購入時点の法律と異なる場合がございます。

サーバーメンテナンスのお知らせ
2019年6月5日(水)9:00 ~ 12:00において、サーバーのメンテナンスを実施いたします。
メンテナンス作業中においては、本サイトの閲覧とサービスを一時休止いたします。
ご利用の皆さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

講師

小林良治 氏

講師略歴

会計事務所、上場企業等の勤務を経て平成16年タクトコンサルティング入社
主に医療法人向け相続・事業承継を中心に従事する。
【主著】「事業承継を成功させる 基礎からわかる新認定医療法人制度」(清文社 共著)他

研修概要

【1】医療法人制度と事業承継対策について
  1. 医療業界の概観
  2. 医療法人制度の現状
  3. 医療法人の出資について
  4. 持分放棄と払戻について
  5. 医療法人のM&A
  6. 新認定医療法人制度(医業継続に係る相続税・贈与税納税猶予制度の活用)について
【2】事業承継対策についての個別事例研究
  1. 出資持分の生前贈与活用
  2. MS法人活用事例
  3. 出資持分移転事例
  4. 最新事例のご紹介

講師より

近年の医療法人をとりまく経営環境は医療法改正も影響し大きく変わろうとしております。早期の事業承継対策についての必要性が大きくなりつつあります。本講座においては事業承継に関わる問題として医療法人制度の現状の再確認、出資持分についての考え方等の制度的な内容にとどまらずに個別対策について注意すべき点についても解説を行います。また平成29年より施行されました新認定医療法人制度の解説、最新の対策事例等についても合わせて紹介していきます。

収録日

2018年11月30日 収録時間 159分

FP継続教育単位

課目…相続・事業承継

インターネット受講:1.5単位
※レポートの提出が必須となります

注意事項

セミナー収録時点での情報となります。

受講について

インターネット受講(オンデマンド配信)となります。

受講期間中は、24時間いつでもご受講頂けます。

インターネット受講 全般に関する注意事項

※お申込・お支払の前に必ず視聴確認を行ってください

視聴確認について → https://www.nbs-fr-ks.com/crn/contents/video/nichizei_ondemand/check_page/

※レジュメの発送はございません。各自でダウンロードしてご利用いただく形式となります。

※1名様のお申込で、複数名が視聴することはご遠慮ください。複数名の視聴が発覚した場合、人数分のご受講料をお支払いただきます。

※PC・インターネットサポート等は致しかねますので予めご了承下さい。

連絡先・お問い合わせ

何かご質問等ございましたら下記までご連絡ください。

日税研修サイト『日税フォーラム』運営事務局(㈱日税ビジネスサービス)

TEL:03-3340-4488 / FAX:03-3340-2514

Email:boatta@nichizei.com

お申し込み

登録済みの方

パスワードを忘れた場合

はじめての方

ログインするには、まず、「新規登録する」ボタンをクリックして、登録をお願いいたします。

パスワード未設定の方へ

会員様や、事務局でユーザー登録した方は、ご自身で、パスワードを設定していただきます。

同じアカウントでログインしている人が存在します。

既にログインしている利用者をログアウトさせ、ログインを実行しますか?