研修詳細

日税ビジネスサービスでは、国際税務、金融、事業承継、M&Aなど多岐にわたるテーマを選び、著名な講師を招いてセミナーを開催しています。

個別受講 オンデマンド(インターネット)研修会

テーマ
【B56】事務職員3年生以下向けレベルアップ研修↑↑税務実務を学ぶシリーズ!「税務調査対応の基礎知識」(2018/1/24~)

講師 藤田益浩 氏

学習期間 2018年1月24日(水) ~ 2018年2月6日(火)
受講料
  • お一人様 会員 6,000円(税込)/一般 9,000円(税込)
返金規定
  • 受講料は事前振込みとさせていただきます。
  • キャンセルは視聴開始日の3営業日前までにご連絡いただければ、振込手数料差し引きの上ご返金いたします。
  • それ以降のご返金はできませんので、予めご了承ください。なお、お客様のPC・インターネット回線の状況により、映像が途切れる、又は停止するなど正常に視聴できなかった場合も同様です。
有料会員について

いずれかにご入会中の方とします。

※有料会員・非有料会員の確認はセミナーお申込時点で行いますので、予めご了承下さい。

主催 株式会社 日税ビジネスサービス

講師

藤田益浩 氏

講師略歴

税理士
アクタス税理士法人  シニアマネジャー 税理士

中小企業と経営者への税務コンサルティングを中心にサービス提供を行っている。経営者の身近なアドバイザーとなる親身なコンサルティングを信条としている。
その他、税務会計に関するセミナー講師も多数行っている。

主な内容

  1. 税務調査手続きの法令化の内容とそのポイント
  2. 税務調査にあたっての心がまえ
  3. 税務調査の一連の流れを理解する
  4. 調査対応時のポイントについて
  5. 調査終了後の手続きを確認する
  6. その他具体的事例等について

講師より研修のねらい

会計事務所のスタッフとして税務調査に対応することはそれほど多くないかもしれません。そのため必然的に経験が少なくなり、苦手意識を持つこともあります。しかし、税務調査への対応をしっかりおこなうと、お客様との信頼をより深められることになります。そのためには、まずは、税務調査の実態を正確に把握しておく必要があります。
税務調査は、平成25年度から国税通則法に内容が明文化され制度が大きく変わりました。平成27年度においても改正が加わっています。制度が変わって調査件数はどう変わったのかなど実例を交えながら制度の概要や税務調査の対応方法などを解説していきます。どのような姿勢で調査に望むのか?立証責任は、だれにあるのか?など実際の場面を想定した内容をわかりやすく解説していきます。

講師よりメッセージ

税務調査への対応は、直接的な会計・税務の仕事とは異なるかもしれません。しかしながら、会計事務所の行う仕事として非常に大切なものです。
お客様の経営相談窓口としての役割を果たす会計事務所としては、必須の項目と思っていただき、積極的に学んでもらいたいです。

収録日

2017年8月24日 収録時間 160分

FP単位

インターネット受講 1.5単位(タックス)
※レポートの提出が必須となります

注意事項

セミナー収録時点での情報となります。

受講について

インターネット受講(オンデマンド配信)となります。

受講期間中は、24時間いつでもご受講頂けます。

インターネット受講 全般に関する注意事項

※お申込・お振込の前に必ず視聴確認を行ってください

視聴確認について → https://www.nbs-fr-ks.com/crn/contents/video/nichizei_ondemand/check_page/

※レジュメの発送はございません。各自でダウンロードしてご利用いただく形式となります。

※1名様のお申込で、複数名が視聴することはご遠慮ください。複数名の視聴が発覚した場合、人数分のご受講料をお支払いただきます。

※PC・インターネットサポート等は致しかねますので予めご了承下さい。

連絡先・お問い合わせ

何かご質問等ございましたら下記までご連絡ください。

日税研修サイト『日税フォーラム』運営事務局(㈱日税ビジネスサービス)

TEL:03-3340-4488 / FAX:03-3340-2514

Email:boatta@nichizei.com

お申し込み

登録済みの方

パスワードを忘れた場合

はじめての方

ログインするには、まず、「新規登録する」ボタンをクリックして、登録をお願いいたします。

パスワード未設定の方へ

会員様や、事務局でユーザー登録した方は、ご自身で、パスワードを設定していただきます。

同じアカウントでログインしている人が存在します。

既にログインしている利用者をログアウトさせ、ログインを実行しますか?